CloudKitで親子のテーブルのひも付け

全体の流れ
1.親のレコードからCKReferenceを得る
2.子レコード作る
3.子レコードのReferenceに入れる
4.子レコードを保存

親レコード:parentRecord
子レコードのタイプ:RecordType
子レコードにはCKReference型の”ref”カラムがあるとする。

//親レコードからCKReferenceを取得
CKReference*parentRef=[[CKReference alloc]initWithRecord:parentRecord action:CKReferenceActionDeleteSelf];

//子レコードを作る
CKRecord*newRecord=[CKRecord alloc]initWithRecordType:@”RecordType”];

//子レコードにCKReferenceをセット
[newRecord setValue:parentRef forKey:@”ref”];
…ここでその他のデータもセット

//保存
[publicDB saveRecord:record completionHandler:^(CKRecord*savedRecord,NSError*error){
}];

コメントを残す